国会行動

要求実現の国会に

臨時国会が始まった10月26日、
国民の切実な要求の実現を新政権に求めていこうと、
国会内外で多くの行動がとりくまれました。

山梨からは2人が参加しました。

激しい雨が降るなか、
日比谷公園から国会に向けた請願デモが行なわれました。
(主催=国民大運動実行委員会、安保破棄中央実行委員会、中央社保協、国交労連・東京国交)

300人が集まり、
労働者派遣法の抜本改正や、
後期高齢者医療制度の即時廃止、
沖縄・普天間基地の返還などを求めるシュプレヒコールをあげながら、
官庁街を行進しました。

デモ出発にあたってあいさつした、中央社保協の相野谷安孝事務局長は
「鳩山政権は羅針盤をもたない船のように右往左往している。
私たちの声と運動で、要求実現を求めていこう」
と呼びかけました。

その後、「国民要求の実現を求める10・26院内集会」が開かれ、100人が参加しました。
(主催=国民大運動実行委員会、安保破棄中央実行委員会、中央社保協、年金者組合)

集会の冒頭で、全労連の大黒作治議長は
「国民は本格的な政治の転換を求めている」と指摘。
年末年始に向けて国民生活に深刻さが増しているもと、
「多くの国民と連帯して国民生活を改善するとりくみをしたい」
とあいさつしました。

集会では、年金者組合、全商連、安保破棄中央実行委員会の代表が決意表明し、
日本共産党の穀田恵二国対委員長が、国会情勢を報告しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会行動に参加しました

Dscf9150 特別国会開会日の9月16日、
4つの緊急要求の実現を求める国会行動に参加しました。

4つの緊急要求とは、
後期高齢者医療制度の廃止、
生活保護母子加算の復活、
障害者自立支援法の廃止、
利用者負担を増やさず介護報酬を引き上げること
の4つです。

この日の国会行動には、
山梨からは2人が参加しました。
国会内で開かれた集会に出席した後、
国会議員の控え室へ要請にいきました。

山梨1区で選出された
民主党の小沢鋭仁衆院議員へ
700人分の署名を届けようとしたのですが、
秘書の方から
「受け取るかどうかについては連絡します」
といわれました。

署名はひとまず持ち帰りました。

小沢議員
お返事をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨から4人参加しました

Dscf8747 5月27日に、
中央社保協、
国民大運動実行委員会、
安保破棄中央実行委員会の主催で開かれた
国会前集会に350人が参加しました。

山梨からは4人が参加しました。

主催者あいさつで
全商連の副会長は
「14兆円の補正予算案の内容は、
大企業への大盤振る舞いで
ツケは消費税増税だ」
と批判し、
「沸騰する国民の怒りを要求に変えて、
総選挙に向けて、
政治を変える運動をしていこう」
と呼びかけました。

日本共産党の井上哲士参院議員が国会報告しました。
参加者から9万人分の署名が、井上議員に手渡されました。

各団体の代表は

「街頭相談会で230人が相談に集まり、
3分の1が生活保護を申請した。
こういう人にこそ予算をつけるべきだ」
(埼玉県労連)

「年金目減りを止めて、
最低保障年金制度を実現しましょう」
(年金者組合)

などと発言しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会前行動に300人

Dscf8707

少し前のことですが5月13日、
中央社保協や
国民大運動実行委員会、
安保破棄中央実行委員会の主催で、
国会前集会が開かれ、300人が参加しました。
山梨からは2人が出席しました。

主催者を代表して、
新婦人の高田会長は、
「(補正予算案やグアム協定、農地法改悪案など)
いのちと暮らし、平和を左右する法案が強行されようとしている」と告発。
「草の根のたたかいで、歴史的局面を切り開こう」と呼びかけました。

各団体の決意表明では、

(農地法改革問題に関連して)
「国民の財産である農地を守るために、
ともに奮闘しましょう」
(全国食健連)

「公務員のボーナス0.2カ月分カットは
景気回復に逆行する。
非常勤職員の給与引き上げこそ求められている」
(国公労連)

「政府の財政出動の恩恵を受けるの大企業と金持ちばかり。
その次には消費税増税が強いられる」
(東京土建)

などと、語られました。

日本共産党の吉井英勝衆議院議員が、
国会情勢を報告しました。

吉井議員には集会参加者から、
44万人分の署名が手渡されました。

同日、
中央社保協と全労連の主催で、
国会内集会が開かれ、
12団体、50人が参加しました。

Dscf8736

集会後、参加者は、
後期高齢者医療制度廃止、
介護報酬の再引き上げ、
新要介護認定制度の中止、
障がい者自立支援法の抜本的見直し
を求める要請書を、
国会議員に届けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会議員要請行動に参加しました

Dscf8293 昨日(17日)、山梨県選出の国会議員8人(自民、民主各4人)の国会控え室を訪ね、
後期高齢者医療制度の廃止を介護保険の充実に向けて尽力するよう要請しました。

山梨からは3人が参加。
「年齢で医療を差別することは許されません」
「低待遇のため職場を去る若い介護職員が後を絶ちません」
などと訴えてきました。

国会議員要請に初めて参加した、検査技師の女性(25)は、
「国会議員や秘書の方が話をよく聞いてくれてうれしかった」
と話していました。
何だかすごく新鮮ですcatface

医療崩壊や介護崩壊が叫ばれ、
貧困と格差が重大な社会問題になるなか、
こうした要請に、党派を問わず耳を傾けてもらえることが増えました。
私たちの運動が切り開いた新しい局面だと思います。

医療・介護の現場で苦労している人、貧困に直面している人のことばは
立場の違いを超えて胸を打ち、人を動かす力があると思います。
この女性には、
「今日感じたことを職場の仲間や知り合いに伝えてください。
医療・介護の現場を休んで国会へ行くことは大変だけれど、
そのことがいまの苦境を変える力になります。
難しく考えず、国会議員さんに
『人手不足で忙しい』でもいいし、
『生活が苦しい患者さんが増えた』でもいい。
何でもいいから感じていることをひとこと伝えましょう」
とお願いしました。

ところで、今回も残念なことがありました。
2週間前に面会を断ったある国会議員に
またしても面会を断られました。

前回は都合が悪かったのかとも思いましたが、
2回連続はひどくないでしょうか。
政策や立場が違う団体、個人の要請・意見にも耳を傾けるのが議員の仕事ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会行動に参加しました

Dscf8267 12月3日、中央社保協や安保破棄中央実行委員会、国民大運動実行委員会が国会前で開いた、後期高齢者医療制度の廃止や新テロ特措法延長反対、労働者派遣法の抜本改正などを求める行動に、山梨から2人(全体では100人ほど)が参加しました。

会場に着くやいきなり、発言するようにいわれて困りましたがcoldsweats02

11月15日に甲府で開かれた「やまなし介護フォーラム」の様子を報告し、
「フォーラムで出された現場の声を国会議員に届けに来ました」と発言しました。

4日付「しんぶん赤旗」5面に行動の様子が書かれています。

その後、山梨県出身の国会議員(自民党、民主党各4人)の控え室を回り、「介護保険料・利用料の軽減、介護報酬引き上げ、介護労働者の処遇改善に尽力してほしい」と訴えました。
今回は通常の陳情とは趣向を変え、「フォーラム」の資料と参加者の感想文を届け、現場の声を知らせることを重視しました。

議員本人には会えませんでしたが、秘書の方たちが熱心に話を聞いてくれ、
「現場の声があれば部会でも強くいえる。フォーラムのような機会にはぜひ呼んでほしい」(自民党議員の秘書)

「身につまされる。何とかしなければならない」(民主党議員の秘書)
などと言っていただけました。

残念なこともありました。
ある議員の控え室に面会を申し込んだところ
「事前のアポイントがない」ことを理由に断られました。
先方にも都合があるのでしょうが、こんなことは初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なくせ貧困!…中央決起集会に参加しました

連日の集会です。
Dscf8065_2きのう13日、東京・日比谷野外音楽堂で実施された
「なくせ貧困!」「守れ雇用!」などを掲げた「11・13中央総決起集会」に参加しました。

全国から5500人が参加し、
「国民を大切にするまともな政治に変えよう!」などと訴えるアピールを採択。
集会後、国会議事堂までパレードしました。

集会では、
看護師や業者、トラック運転手、農家、酪農家、自治体労働者、青年など、
悪政に苦しめられているみなさんが訴えをしました。

エッセイストの海老名香葉子さんや、日本共産党の志位和夫委員長があいさつしました。

Dscf8077その後のパレードは人数が多いだけに圧巻でした。
こちらが山梨から参加したみなさんです。

パレード後、山梨県選出の衆議院議員のみなさんに、
「後期高齢者医療制度廃止法案」の早期審議入りと可決を求める要望書を届けました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

国会集会に参加しました

Img_1338_3 国会で開かれた通院移送費問題の院内集会に参加しました。

通院移送費とは、生活保護を受けている人たちが通院する際に支給される交通費です。

これまでは医師の意見書などを条件に、「最低限度の移送」に必要な費用が支給されてきました。

しかし7月からは、「一般的」な支給は災害現場からの搬送など4ケースに限定され、それ以外は「例外的」な支給と位置づけられ、通院先は原則、市町村や地域ごとにある福祉事務所の「管内」とされようとしています。

例えば、身体障害などで電車やバスの利用が「著しく困難」な人のタクシー代や、へき地などに住んでいて「交通費の負担が高額」になる場合に限ろうとしているのです。

そもそも生活保護を受けている人たちには最低限度の生活費しか支給されていません。

通院移送費の支給を止められたら、生活費を崩して交通費を捻出するか、受療をあきらめるかの選択を迫られることになります。

集会では、通院移送費の打ち切りをCWから通告された方たちが何人も、「通院移送費は月2300円だが、食費2日分、3日分に相当する」などと訴えていました。

ある自治体のCWの方は「8~9割の人が打ち切られるのではないか」と発言していました。

山梨県内にも打ち切られようとしている人がいるのではないでしょうか?

実態を調べ、通院移送費の打ち切りを許さない運動を広げたいと思います。

集会は7団体(生活保護問題対策全国会議、中央社保協、全国公的扶助研究会、全日本民医連、もやい、DPI日本会議、全生連)が呼びかけて開かれました。
100人ほどの人たちが参加し、マスコミもたくさん来ていました。
国会議員では日本共産党の山下よしき参議院議員、高橋ちづ子衆議院議員、自民党の世耕弘成参議院議員、広津素子衆議院議員、森まさこ参議院議員、社民党の福島みず ほ衆議院議員が出席していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会集中行動に参加しました

Img_1307 後期高齢者医療制度を中止・撤回させるために中央社保協が提起した国会集中行動に参加しました。

山梨民医連の人たち6人といっしょに、山梨県選出の国会議員9人(自民党5人、民主党4人)の控え室を訪問し、後期高齢者医療制度の中止・撤回に向けて尽力するよう求める文書を手渡しました。

2597人分の署名を届け、民主党の米長はるのぶ参議院議員の秘書の方が署名を受け取ってくれました。

国会前で開かれた集会(中央社保協や国民要求実現大運動実行委員会、安保破棄中央実行委員会が主催)には400人が参加しました。

各団体の代表が発言し、「与党は低所得者の保険料軽減などの『見直し』を言い始めている。しかし国民は、死ぬまで保険料をとられ、医療は差別されるという制度の本質に怒っている。中止・撤回をさせるしかありません」などと訴えました。

国会行動は国会会期中の毎週水曜日におこなわれています。

次回の集中行動は会期末間際、そして2回目の保険料天引き直前の6月11日の予定です。奮ってご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)