« 街頭宣伝・署名行動をしました | トップページ | 中期計画(案)についての要請書を提出しました »

要請書を提出しました

Dscf9405 山梨県社保協は16日、
「県民のいのちと健康を守る緊急対策を求める要請書」を、
県へ提出しました。



県福祉保健総務課は、
失業者や困窮者を対象とした
年末の相談窓口の開設について
「検討している」と答えました。

この日の要請には、
医師、医療相談員、労働組合役員ら12人と、
日本共産党の、こごし智子県議が参加しました。

要請書では、
①国保や後期高齢者医療の短期保険証を市町村窓口へ保管する措置(留め置き)をとらず、被保険者へ届けること、
②生活保護の決定を迅速化すること、
③失業者や困窮者を野宿生活化させないため、旅館や空き社員寮の借り上げによる「ホームレス緊急一時宿泊事業」を実施すること
などを求めました。

参加者らは、
「保険料滞納者の多くは『払わない』のではなく『払えない』人たちです」
「入院患者の生活保護決定が、申請から30日もかかった」
などと訴えました。

要請書と回答書はこちらからダウンロードできます。
「taikenkoushou091216.pdf」をダウンロード

|

« 街頭宣伝・署名行動をしました | トップページ | 中期計画(案)についての要請書を提出しました »

山梨県社保協」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464693/32631359

この記事へのトラックバック一覧です: 要請書を提出しました:

« 街頭宣伝・署名行動をしました | トップページ | 中期計画(案)についての要請書を提出しました »