« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

食材のご提供、ありがとうございました

困窮者を対象とした
炊き出しなどに使う食材の提供を、
山梨県社保協参加団体のみなさんに呼びかけたところ、
野菜や乾麺などが続々と届きました。

Dscf9408





うどん、
そうめん、
お茶、
もみのり、
ワカメ、
ひじき、
お菓子、
ジュース、
だし
などなど・・・

(写真には写っていませんが)
白菜、
大根、
里芋、
インスタントコーヒー
なども寄せられました。

山梨健康友の会のみなさま、
共立病院の職員のみなさま、
ありがとうございました。

さっそくですが食材は、
甲府カトリック教会へ届けました。

炊き出しで使われたり、
山梨フードバンクを通じて
福祉施設などへ届けられたりする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中3まで医療費無料化 富士河口湖町

富士河口湖町が
2010年度から、
中学3年生までの医療費を
無料化することが分かりました。

12月14日に開かれた同町定例議会で、
条例案が全会一致で可決されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中期計画(案)についての要請書を提出しました

山梨の地域医療を守るネットワークは12月17日、
来年度に発足する県立病院機構の
中期計画(素案)についての要請書を提出しました。

Chuukikeikaku

要請書を提出する「ネットワーク」の人たち(右側)


要請項目は、

① 山梨の地域医療を支える医師の養成を中期計画に組み込むこと。
② 職員の労働条件を悪化させないこと。
③ 県の看護師確保計画を見直し、増員を図ること。

などです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

要請書を提出しました

Dscf9405 山梨県社保協は16日、
「県民のいのちと健康を守る緊急対策を求める要請書」を、
県へ提出しました。



県福祉保健総務課は、
失業者や困窮者を対象とした
年末の相談窓口の開設について
「検討している」と答えました。

この日の要請には、
医師、医療相談員、労働組合役員ら12人と、
日本共産党の、こごし智子県議が参加しました。

要請書では、
①国保や後期高齢者医療の短期保険証を市町村窓口へ保管する措置(留め置き)をとらず、被保険者へ届けること、
②生活保護の決定を迅速化すること、
③失業者や困窮者を野宿生活化させないため、旅館や空き社員寮の借り上げによる「ホームレス緊急一時宿泊事業」を実施すること
などを求めました。

参加者らは、
「保険料滞納者の多くは『払わない』のではなく『払えない』人たちです」
「入院患者の生活保護決定が、申請から30日もかかった」
などと訴えました。

要請書と回答書はこちらからダウンロードできます。
「taikenkoushou091216.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街頭宣伝・署名行動をしました

Koukihaishi 山梨県社保協は12月15日、
後期高齢者医療制度の即時廃止を求める
街頭宣伝・署名行動を実施しました。



病院職員や労働組合役員などが参加し、
ハンドマイクで、
「民主党など3党は、かつては2009年に廃止と主張していた。
政権についたら2013年廃止となった。
後期高齢者医療制度は、長く続けば続くほど被害は広がります。
廃止先送りは許されません」
などと訴えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

85号ができました

「山梨社保協ニュース」85号ができました。

主な記事は

県社保協などが相談会開催
県民要求実現を 政府、県、市町村へ要請
168人に短期証 後期高齢者医療
新政権下での社会保障運動の課題① 中央社保協 相野谷事務局長に聞く

などです。

PDFはこちらからダウンロードできます。
「NEWS-85.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »