« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

「いのけん」の総会が開かれました 南アルプス市

Inoken 南アルプス市や増穂町で、
社会保障の充実や生活向上を求めて活動している
「いのちと健康を守る会峡西峡南地域連絡会」の
第20回総会が7月27日、
南アルプス市内で開かれました。

お年寄りをはじめとする交通弱者のための「デマンドバス」の運行や、
子どもの医療費窓口無料化(現行は小学6年生まで)の対象年齢拡大、
国保の保険料・一部負担金の減額・免除
などを求める運動の推進を盛り込んだ、
運動方針などを採択しました。

採択に先立つ討論では、
後期高齢者医療制度廃止を求める運動や、
さまざまな要求を掲げた自治体との交渉、
「お金がなくて医療を受けられない」という深刻な実態などが
語り合われました。

冒頭で同会会長は、
「この一年間は、
社会保障運動や、
医師不足の解消を求める世論が大きく前進した。
運動がより広く認知されるよう、
いっそうがんばりたい」
とあいさつしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困ったときに使える制度があります

Poster8 生活費や医療費がない、
保険証がない
など、
困ったときに使える公的制度を紹介する
ポスターをつくりました。

PDFはこちら
「tsukaeru-seido.pdf」をダウンロード

さっそくですが、きょうの昼に実施した、
社会保障の充実を求める街頭宣伝行動で、
このポスターをA4サイズに縮小したチラシを配りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬理恵さんが講演します

舞台俳優の有馬理恵さんが
8月30日(日)、
甲府市の山梨県立文学館で講演します。

同日開かれる
中巨摩地域母親集会で講演します。

演題は
「差別と戦争をなくすために~おしばいとおはなし~」
です。

同集会は13:30開会(受付は13:00~)。
整理券=500円(中学生まで無料)
当日整理券=700円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細菌性髄膜炎ワクチンについての学習会が開かれます

ヒブワクチン 受けたほうがいい?

~細菌性髄膜炎ワクチンについての学習会~


日時 2009年7月29日(水)
     13:30~
会場 ぴゅあ総合 団体連絡室
内容 小児科医・宇藤千枝子先生による
    ヒブワクチンについてのお話と質疑応答
資料代 100円

問い合わせ 新日本婦人の会山梨県本部
         055-226-5334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨県社保協の”生活相談力”

最近、
生活に困った方たちからの相談が
当会によく寄せられます。

そんなときには、
参加団体の方たち
(医療相談員さん、弁護士さん、議員さんなど)の
お知恵を借りながら、
アドバイスをしています。

トップページのブログ紹介欄にもある通り、
当会は、
医療、女性、商工、市民団体、労働組合などが参加し、
社会保障充実、生活向上のために運動をすすめている組織です。

広範な個人・団体が参加・協力している
当会の”生活相談力”を日々、実感しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活相談が続々と

最近、
生活に困った方からの相談が続々と寄せられています。

内容や結果を簡単に紹介すると、

60代・無職・路上生活の男性
→生活保護が受けられました。

50代・無職・野宿の男性
→生活保護が受けられました。

50代・無職・車上生活の男性
→生活保護が受けられました。

70代・無年金・野宿生活の男性
→生活保護申請中

60代・無年金の男性
→生活保護申請中

40代・派遣切り・失業保険受給中の男性
→生活保護申請や国保減免についてアドバイス

その他、さまざまな相談が寄せられています。

ヨーロッパ諸国と比べて
日本の社会保障制度は貧弱です。
しかも、保険料が払えないことなどから、
低所得者が排除されています。

そこへ、
昨今の経済危機と雇用破壊が襲い掛かり、
生活の支えを失った人たちがあっという間に、
生活保護水準以下の収入や所持金、
路上生活へと転落しています。

相談を通じて、
社会保障制度の不備や、
行政機関の対応の問題点も見えてきました。

生活相談活動に加え、
社会保障の充実を求める、
行政への要請行動を強めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

80号ができました

「山梨社保協ニュース」No.80ができました。

本日、発送をしましたので、
まもなくみなさまのところへ届くと思います。

PDFはこちらから閲覧・ダウンロードできます。
「NEWS-80.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »