« 街頭宣伝をしました | トップページ | 街頭相談会を開きました »

社会保障の充実を求める要請書を提出しました

Youseishoteishutu 山梨県社保協は6月15日、
「社会保障の充実を求める要請書」を、
県へ提出しました。

要請したのは、国保、介護、新型インフルエンザ対応、生活保護など
11分野32項目です。

要請項目と県からの回答は
こちらからダウンロードできます。
「yousei-kaitou0906.pdf」をダウンロード

いずれも切実な要求ですが、
次の2項目に対する回答に特に注目しました。

要望
介護労働者の給与・労働条件の改善と大幅な改善のため、
県独自に事業所へ助成してください。

回答
国が本年度の補正予算において、
介護職員処遇改善等臨時特例交付金を創設したことを受け、
県では、介護職員の賃金改善を含む
処遇改善に取り組む事業所に対して助成するための事業費を、
本年度補正予算案に計上する予定であります。

要望
生活保護申請者が保護開始までの間困窮しないよう、
生活費の無利子・無保証人・無担保貸与などの事業を実施するよう、
保護実施機関に助言するとともに、県も独自の財政措置をとってください。

回答
国の経済危機対策において、
「臨時特例つなぎ資金貸付事業」が創設され、
生活保護等の公的給付開始までの間、
無利子、無保証人、無担保での貸付ができるようになったことから、
この制度の活用を働きかけていきます。

今回の回答を踏まえながら、
県民生活の実態をもっと知らせ、
切実な要求をもっと届けたいと思いました。

|

« 街頭宣伝をしました | トップページ | 街頭相談会を開きました »

山梨県社保協」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障の充実を求める要請書を提出しました:

« 街頭宣伝をしました | トップページ | 街頭相談会を開きました »