« 「峡南地域の医療を考える会」が発足しました | トップページ | 76号ができました »

街頭相談会に22件の相談 南アルプス市

「いのちと健康を守る峡西峡南地域連絡会」
(略称・いのけん)は3月7日、
南アルプス市のスーパー「Aコープこま野しらね店」の前で
街頭相談会をおこないました。

生活相談は1件、
血圧測定12件、
体脂肪率測定8件。
その他、車のバッテリーが上がり困っている相談が1件。
(直ぐに対応出来ました)
合計22件の相談がありました。

40代の女性からは
「2年前に夫がリストラにあった。
電話料、下水道料、固定資産税、国保税などの滞納が続いている。
子供の給食費の滞納もある。
年金生活のおかあさんへの援助もしており生活できない状況。
国保料をどうにか免除してもらえないか」
との深刻な相談が寄せられました。

相談会では、
巨摩共立病院の看護師、医療相談員、職員、
山梨県労、民医労巨摩支部の役員、
日本共産党市議ら12人が相談に応じました。

巨摩共立病院の社保委員会、
勤医労巨摩支部の協力で
前日までに近隣の県営住宅、雇用促進住宅など600枚近いビラを配布し、
当日も朝から宣伝カーを出し準備しました。

|

« 「峡南地域の医療を考える会」が発足しました | トップページ | 76号ができました »

生活相談」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街頭相談会に22件の相談 南アルプス市:

« 「峡南地域の医療を考える会」が発足しました | トップページ | 76号ができました »