« 県などに要請しました | トップページ | バブルがキターーーーー »

35人が不服審査請求

Img_1344 後期高齢者医療制度に強制的に加入させられたり、保険料を年金から天引きされたことについて、県内に住む75歳以上の35人が、県後期高齢者医療審査会に不服審査請求書を提出しました。

不服審査請求は「行政不服審査法」に基づく手続きで、行政庁の違法または不当な処分などに関して、裁判よりも簡易・迅速な手続きで不服申し立てができる制度です。

この日は75~84歳の男女20人が県庁内にある同審査会を訪れました。

不服審査請求書には、不服である理由として、暮らし向きや思いも書くことができます。

この日提出された不服審査請求書には、「75歳以上の者だけを特別に保険料をかけるのは差別であり、認められない」「医療を差別するのは憲法第14条の平等原則違反である」「加入について事前に私に対して説明はなく、意思確認もなかった」などが、処分(今回の場合は強制的に後期高齢者医療制度に加入させられたことや保険料を年金から天引きされたことなど)の取り消しを求める理由として書かれていました。

今後の展開としては、処分庁(県後期高齢者医療広域連合)から「弁明書」が届き、それに対する「反論書」を提出します。

文面だけでなく口頭でも発言したい場合にはその旨を「反論書」に書けばそうした場が設定されます。

このことを今日の参加者に伝えたところ「ぜひ思いを伝えよう」と、みなさん、ものすごくうれしそうに話していました。

後期高齢者医療制度は、国や大企業が負担する医療費・社会保障費を抑えるためにつくられました。まるで「この人たちのせいで医療費がかさんでいるんだ」と、75歳以上の人たちをさらし者にしているような制度だと思います。

こんな制度は中止・廃止させるために、世論をもっと盛り上げたいと思います。

|

« 県などに要請しました | トップページ | バブルがキターーーーー »

後期高齢者医療制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464693/21266696

この記事へのトラックバック一覧です: 35人が不服審査請求:

» 請求書のテンプレート、雛形 [numa]
請求書作成に役立つ、請求書の書き方、フォーマット、雛形など。請求書の書式やエクセルexcelフリー(無料)ソフトのテンプレートも紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 22時26分

« 県などに要請しました | トップページ | バブルがキターーーーー »